学士課程プログラム 日本語日本文化コミュニケータ養成プログラム JLCC Japanese Language and Culture Communications Traning Program

jlcc

HOMEJLCCNews & Topics(一覧)H25年度JLCC集中講義「文化コミュニケータ応用論II」

News & Topics

H25年度JLCC集中講義「文化コミュニケータ応用論II」

9/2(月), 3(火), 6(金)の3日間、2D206教室にてJLCC集中講義「文化コミュニケータ応用論II」が行われました。この授業の前半は京都外国語大学の長谷邦彦先生と横浜国立大学の高橋弘司先生による原爆や核に関する講義で、後半ではJLCCプログラム生(筑波大生、カ・フォスカリ大生、リュブリャナ大生)が実際に広島の被爆者証言ビデオを日本語から英語、イタリア語、スロベニア語に翻訳し、翻訳の難しさや重要性/意義について学びました。

<授業概要>
ヒロシマ、ナガサキの原爆投下から70年近く。炎熱地獄を生き延びた被爆者(現在21万人)の語る体験が世界に共有されているとは言い難い。原因の一つは、日本語という「言葉の壁」である。多言語に翻訳してこそ理解が深まる第一歩。この講義では、元ジャーナリストを講師に、被爆者の証言ビデオを海外留学生とともに英語、イタリア語、スロベニア語に翻訳する。実践を通して「翻訳」行為の持つ意義を考えるとともに、核時代の問題点について認識を深める。

<Course discription>
It is approximately 70 years since the atomic bombs were dropped on Hiroshima and Nagasaki, but the victims' (currently 210,000 people) narratives of their experiences have yet to be shared fully with the world. One of the reasons is "the language barrier," which requires the testimonies of Hibakusha, atomic bomb survivors, to be translated from Japanese into multiple languages. During this course, Japanese students and international students translate the videotaped testimonies of Hibakusha into English, Italian, and Slovene with the help of their instructors, two former journalists. Through the lecture and translation activities, students think about the significance of "translation" and acquire a deep understanding of the nuclear age.


IMG_0003.jpgIMG_0005.jpg

IMG_0007.jpgIMG_0009.jpg

IMG_0019.jpgIMG_0020.jpg



2013.9. 6

Inter Faculty 筑波大学 筑波大学人文社会学研究
page top