学士課程プログラム 日本語日本文化コミュニケータ養成プログラム JLCC Japanese Language and Culture Communications Traning Program

jlcc

HOMEJLCCJLCCとは

JLCCとは

日本語日本文化コミュニケータ養成プログラムの目的

日本語日本文化コミュニケータ養成プログラム(JLCC)の目的は本学の学類生と連携大学の学部生がともに自らの文化を言語化するスキルを鍛え,ぶつかり合いながら,自らのアイデンティティを越えて問題解決へと導く方法を身につけ、実社会で即戦力となり得る日本語・日本文化コミュニケータとして必要な国際的コミュニケーション能力を涵養する。

プログラム概要

JLCCとは欧州の4大学と連携し,欧州・ユーラシア・日本の視点から文化とアイデンティティの問題を中心に、筑波大学の文系学類生と欧州大学の学部生各6名を対象とした合同教育を行うプログラムのこと。プログラムは講義と実習からなる。講義では、世界における日本語・日本文化のインパクト、現代的意義、将来の方向性などを多角的な視点から学ぶ。実習では参加大学学生の日欧混成チームによる共同プロジェクトを行うことで、将来例えば世界経済フォーラム等の現場でも活躍できるような表現力、企画力、説得力等の実践力を身につける。
(履修証明プログラム ※プログラム修了生には履修証明書を授与)

Inter Faculty 筑波大学 筑波大学人文社会学研究
page top