修士課程プログラム 日独韓共同修士プログラム TEACH Transnational European and East Asia Culture and History

teach

HOMETEACHTEACHとは

TEACHとは

Transnational European and East Asian Culture and History (TEACH)とは、日本の筑波大学、ドイツのボン大学、そして大韓民国の高麗大学という3大学が共同で運営する、人文社会学系の修士課程院生のためのオプションプログラムです。

TEACHに参加する学生は、中間論文と修士論文を提出することにより、デュアルディグリー(修士号+第2修士号)を取得することができます。筑波大学からTEACHに参加するには、人文社会科学研究科の何れかの専攻(修士課程または前期博士課程)に入学後、TEACHへの参加を認められることが必要です。定員は各大学とも一学年6名です。ボン大学や高麗大学からTEACHに参加する院生と共に学年単位でチームを作り、日独韓の3大学を一学期毎に渡り歩いて議論し、学び、論文を書くことを通じて、3大学の教員から指導を受け、ふつうの修士課程では得られないダイナミックな認識と経験を得ることができるでしょう。

Inter Faculty 筑波大学 筑波大学人文社会学研究
page top