修士課程プログラム 日独韓共同修士プログラム TEACH Transnational European and East Asia Culture and History

teach

HOMETEACH取り組むテーマ

取り組むテーマ

TEACHに入学すると、日独韓という文化圏の組み合わせにかかわるテーマと取り組むことになります。(日独、日韓、韓独といった2国間に重点を置くことももちろん可能です。)各自の専攻に応じてさまざまなテーマ設定が可能ですが、中でも次の2つが大きな柱となり、授業などで取り上げられる予定ですので掲げておきます。

日独韓3国に共通の近代化の経験

日本とドイツと韓国は、非常によく似た近代化のプロセスを経てきています。しばしばフランスやイギリスに比べて近代国家としての統一が遅れたドイツは、「遅れてきた国民」と評されますが、1871年の統一後、積極的に近代化を進めました。日本は特に法律や医学、政治、軍事、社会福祉制度、教育、そして学術などについて、ドイツの体系に倣って近代化を推し進めました。韓国は開国後、日本による植民地化の時代にかけて、ドイツと日本の両モデルに適応して近代化を進めました。こうして、日独韓の3国にしか例を見ないようなトランスナショナルな共通する近代化のディスクールが生まれることとなりました。こうした歴史はこれまでとかく、日独とか日韓といった比較の視座で論じられてきましたが、日独韓という3カ国からとらえ直すことで、硬直した2国間比較の見方を相対化し、新たな議論を展開できることが期待できます。
TEACH参加学生は、これらの国々の近代化や発展の経緯を比較することによって、何が共通し何が異なっていたのか、そしてなぜ近代化への適応が成功だったのか、もしくは失敗だったのかを分析し、それによって自国の社会発展を新たに認識したり、今後の発展の可能性について考察することもできることでしょう。

地域統合

第二次世界大戦後、欧州地域統合の問題はドイツにとって、またアジアにおける地域統合というテーマは日本、韓国にとって、大きな必要性を持つ課題となりました。ドイツはヨーロッパ統合の要となっており、日本と韓国は台頭する東アジア地域共同体の中核となっています。それぞれの政治活動は近代化における経験から大きく影響されている。他方で、地域統合の進捗度は、ヨーロッパとアジアでは明らかに大きく異なっており、その違いがどこから来るのか、また今後どのような展開が予想されるのか、さまざまなアプローチが求められています。TEACH学生たちは、地域間・国際間の関係においてこれらの国々がはたした独自の役割について分析を行なうこととなります。

Inter Faculty 筑波大学 筑波大学人文社会学研究
page top